TOLLYBOY
PRODUCTS INTERNATIONAL

女性用貞操帯

男性用貞操帯

男性用貞操帯

拘束具

首輪, 腕輪
足輪

採寸ご説明

コンタクト

ギャラリー

情報

導入

スペアパーツ

沿革

フィロソフィー

貞操帯の修理

Produktankündigungen

Tollyboyの歴史 1956年~2023年のまとめ

Tollyboyは1956年、シェフィールド大学の工房で働いていたJohn Harold Higgenbottom(ハル)により設立されました。創業のきっかけは、教授の一人が自分の妻のためにベルトを作るよう依頼したことでした(おそらく半分本気だったのでしょう)。このベルトを作り、しばらくして太もものバンドを取り付けた。知る限りでは、これがステンレス製の貞操帯の現代的な世代の最初のものであった。このベルトは長期間の貞操に使用され、ベルトをできるだけ快適で、安全で、衣服の下にできるだけ見えないようにするという考えを確立しました。元々、部品は時間外や休憩時間に大学の工房で作られていた。

Tollyboyという名前は、ほぼ間違いなく地元のお店で買った、あるいはお店で見かけた米のパックから取ったものです。Tollyboy rice は今でも入手可能ですが、名前以外には私たちと共通するものはありません。

ハルは自宅に工房を構え、当時の雑誌に広告を出すなどして、徐々に事業を拡大していった。ハルは、男性用ベルトの要望を受けるようになり、陰嚢のためにガードに大きな穴をあけたデザインなど、実験的な試みを行ったが、悲しいことに、現存する情報は1つのガードを除いて、これ以上ない。このベルトの外側にペニスチューブを取り付けることを意図していたと思われるが、もしそうであれば、その方法についての証拠はほとんどない。

やがて彼は、ラトウスキー、カララ、ラインホルズを除くほとんどのメーカーに普及した、女性用ベルトと同じような幅の広いガードを作り、内側にシースチューブを装着するデザインを開発しました。このデザインは、ハルが最初に開発したときから、わずかな変更を加えるだけで生産され続けている。

ベルトの製造は、数十年の間に、弓のこやすりからバンドソー、そして現在はレーザーやウォータージェットによる切断へと移行しています。女性用ガードは、当初の20Gaから1mm、0.9mmと薄くなり、長い間、英国では1mmのレーザー切断ができなかったからです。2023年には1mm厚に戻りました。ガードには柔軟性があった方が良いということが、昔、ハルによって発見されました。

ベルトの組み立てでは、溶接がリベットに取って代わった部分もありますが、ほとんどの場合、リベットはうまく機能し、見た目も良いので、今でも使われています。

ロックは、ロックブロックがクロスピンで固定され、南京錠はロックピンを保持するためだけに使用されることから始まり、長年にわたって最も変化してきました。これはロックピンを二重の剪断力で保持するもので、南京錠の上部にピンを垂直に配置したデザインに比べ、移動量が少ないためピンが一重の剪断力しかないため、はるかに強度がありました。1994年以前のある時期、Tollyboyは、小さな4ピンロックのセキュリティの低さと、高セキュリティのパドロックの重量とサイズの大きさから、パドロックから脱却しました。スコールドブライドルとギャグを除くすべてのロックをラジアルロックに移行したのは、私が1994年に登場するずっと前です。ハルの死後、私が引き継いだロックブロックの唯一の変更は、ハルが設計した5/32インチの支柱2本にブロックをはめるのではなく、5/16インチの支柱2本の間にブロックを配置することでした。

2000年頃に私が引き継いでから、Medico、Vanlock、様々なチェンジキーロック、特別な手作りの二列15ピンロックなど、様々な実験的ベルトに様々なロックが取り付けられてきました。ほとんどのベルトはハルが開拓した7ピンラジアルロックを使用していますが、私は頻繁にロックを再ピンし、男性ベルトの2つのロックに同じキーのロックを供給できるようにし、必要に応じて同じキーでいくつかのベルトを使用できるようにしています。ピンの一部をセキュリティピン(スプール、マッシュルームなど)に交換することができるため、通常、再ピンされたロックはより高いセキュリティを備えています。特別な要望でトラップピンを取り付けた錠前もありますが、これは非常に厄介で、これを開けようとするときに間違えると、1回転未満しか回らず、その位置で永遠に詰まってしまいます。見た目は他のラジアルロックと全く同じなので、中に何が入っているかはわかりません。誰も開けようとしなかったからか、これまで一度も苦情が来たことはありません。また、一方通行のラチェットが入ったパーマネントロックの販売も始めました。これはどんなチューブラーキーでもねじ込むことができるのですが、まったくねじが外れず、ベルトは切断しないと外せませんでした。このロックはあくまで冗談で、売れるとは思っていなかったのですが、20年経った今でも依頼があるのです。

2010年から2023年にかけて、Tollyboyにあまり進展がなかったのは、ベルトを作りたくなかったからではなく、義理の両親の病気と死、そしてADHDと診断されなかったことが原因で、私はほとんど働くことができないほど不自由なうつ病になってしまったからです。でも、明るい面もあって、Tollyboyは必ず戻ってくると思っていたので、すべての機械を保管していました。Brexitで私はEUに移住し、私を一目見て「あなたはADHDだ、なぜ60年前に私のところに来なかったのか」と言う医師を見つけました。治療がうまくいき、機械が倉庫から出てきて、頭が冴えてきて、Tollyboyが戻ってきた。できるだけ早くフル生産を再開し、レーザー切断の最初の注文を受け、新しい製品を構想中です。現在、錠前サプライヤーと、新製品と古い錠前の代替品として、10ピンドリル耐性錠へのアップグレードについて話し合っているところである。また、将来的には、すべてのベルトの標準ロックとして、カスタムメイドの15ピンTollyboyロックを導入することも真剣に検討しています。



Tollyboyの製品はコピー品も多いのですが、私たちの品質に匹敵するものはありません。
Copyright トリーボーイ プロダクツ インターナショナル March 2024.


Valid HTML 4.0!